紫外線の目への影響とサングラスの効果

晴れた日の屋外などで活躍するサングラスは、太陽光による眩しさの軽減だけでなく、紫外線カットを目的として使用されます。紫外線は目の細胞にダメージを与えます。紫外線に反応した脳が肌へメラニンを作る指令を出してしまうのです。その結果肌に直接紫外線が当たらなくても肌が黒くなってしまったりすると言われています。ですが、紫外線カットのために使用するサングラスは、ただ色が濃ければ良いというわけではなく、きちんとUVカット加工がされているものを選ぶことが重要になります。UVカット加工がされていない色の濃いものを使用すると、瞳孔が大きく開いてしまい紫外線を大量に受けてしまうため注意が必要です。

サングラスのレンズの種類と特徴

サングラスのレンズにはさまざまな種類がありそれぞれ効果が異なります。カラーレンズは眩しさを緩和するのに特化しており、ファッションアイテムとしても使用しやすいのが特徴です。偏光レンズは一定方向だけの光を通す仕組みになっており、光の反射などによる見えづらさを軽減することができます。水面の反射などを防いでくれるため、魚釣りなどにも最適です。調光レンズは光の強さによってレンズのカラーの濃淡が変化するのが特徴です。そのため屋外ではレンズカラーが濃くなることで眩しさを軽減し、屋内などの暗い場所ではレンズのカラーが薄くなり視界が明るくなります。ミラーレンズは、鏡のような見た目が特徴的なレンズです。レンズにあたる光も反射するので、一般的なカラーサングラスよりも目を保護する効果が高いというメリットがあります。サングラスはシーンに合わせて使い分けることで、より高い効果が期待できます。

サングラスは太陽の光や照明などの眩しさを軽減させる効果があり、レンズのカラーによって効果が異なります。