内祝いを贈るタイミング

お祝いをいただいてから、1ヶ月以内に贈るのが一般的です。遅くても2ヶ月以内には贈るようにしましょう。もし遅れてしまった場合は、メッセージカードや手紙を添えて、遅れてしまった旨を伝えつつ感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

内祝いの金額の目安・相場

内祝いの金額は、いただいた品物の半額から3分の1を目安にするとよいでしょう。昔からの慣習で「お祝いは半返し」と言われていますが、いただいた品物の金額や相手との関係性で金額を判断しましょう。高額な贈り物をいただいた場合や、上司などの目上の人であれば3分の1でよいとされています。

縁起の悪いものは避ける

不吉とされている「4」「9」などの数字が含まれるものや、縁起が悪いとされている「刃物」や「割れやすい食器」などは避けるようにしましょう。贈り物として一見問題ないと思われる櫛(くし)であっても、「苦」や「死」を連想させるという理由からタブーとされています。内祝いを選ぶ際は、贈り物としてふさわしいものであるか確認することが大切です。

熨斗紙や包装をつける

内祝いを贈るときは熨斗(のし)をつけるのがマナーです。熨斗は、水引の本数や色、表書きなどの種類によって意味が大きく異なってしまいます。贈り物の用途によって熨斗紙の書き方や包み方が異なるので、きちんと調べてから贈るようにしましょう。

お礼状やメッセージカードを添える

内祝いを贈る際は、お礼の品物と併せて、感謝の気持ちを綴った「お礼状」や「メッセージカード」を添えるのが一般的です。品物とお礼状を別に送る場合は、お礼状が先に届くようにしましょう。

内祝いとは、「身内でのお祝い」という意味があります。本来、喜ばしいことがあった時に身内でお祝いし、親せきや近所の方などお世話になった方へ贈り物をして、幸せのお裾分けをすることを言います。